緊急事態宣言 全面解除 まもなく決定 認証店は午後9時まで酒提供


政府は28日、緊急事態宣言などを、30日で全面的に解除する方針を決定する。

政府は、基本的対処方針分科会に対し、19の都道府県の緊急事態宣言と、8県のまん延防止等重点措置を、期限の30日ですべて解除する方針を示し、了承された。

このあと菅首相は、衆参両院の議院運営委員会で、解除の方針を報告した。

菅首相「感染拡大に対する社会の対応力を高めながら、感染対策と日常生活の回復の両立に取り組んでいく」

政府は、午後5時から対策本部を開いて、解除を正式に決定し、午後7時から、菅首相が記者会見をして説明する方針。

政府は、宣言が解除された地域では、都道府県に認証された飲食店は午後9時まで、それ以外は午後8時までの営業としたうえで、酒の提供を認める方針だが、知事が、地域の感染状況に応じて、適切に判断するとしている。

(FNNプライムオンライン9月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース