「抗原検査キット」薬局で購入可 医療用で精度保証、30分で判定


新型コロナの感染を調べる「抗原検査キット」が、全国の薬局で購入できることになり、注目されている。

新型コロナウイルスの検査が身近になった。

27日から、全国の薬局で購入できるようになった抗原検査キットだが、これから順次、店頭に並べられるという。

値段は3,000円から5,000円程度と、メーカーによって多少、差があるという。

抗原検査キットは、これまでもインターネットなどで購入することができたが、これは厚生労働省が承認したものではなく、一部のものは精度が不確かだった。

今回承認されたものは、医療機関で使われてきた医療用で、精度の測定のところが保証されているもの。

この抗原検査キットの最大のメリットは「スピード」。

PCR検査でいうと、数時間程度かかる場合もあるが、この抗原検査キットだと、15分から30分程度で判定することができる。

具体的に、どういった方法で行うのか。

まず、長い綿棒を鼻に2cm程度入れる。

そして、鼻の中でくるくると回転をさせて、こすって抜く。

その綿棒を付属の液体に浸す。

最後に、その液体をキットに数滴垂らすと、陽性か陰性かがわかるということになる。

製品ごとに、鼻に入れる時間など細かいところは違うかもしれないので、そこは確認する必要がある。

抗原検査キットというのは、すでに症状がある人向けの検査になっているので、無症状の人の使用というのが、基本的には推奨されていない。

それから、ウイルス量が少ない場合というのは、感染していたとしても、このキットで実際、陽性でも陰性の測定が出てしまうかもしれない。

もし、この抗原検査で陽性がわかった場合は、速やかに医療機関を受診する必要があるという。

症状が出てから薬局に行くというのは、感染対策上、避ける必要があるので、この抗原検査キットをあらかじめ購入をして、症状が出たら使う必要がある。

(FNNプライムオンライン9月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース