眞子さまと小室圭さんご結婚 異例ずくめで「儀式なし」へ


記者のイチ押しネタを集めた「取材部ネタプレ」。

「眞子さまと小室圭さんのご結婚」について、フジテレビ社会部・宮内庁担当の宮崎千歳記者がお伝えする。

帰国から一夜明け、小室さんは、14日間の隔離期間を自宅で過ごしている。

小室さんの帰国により、儀式を行わない異例ずくめのご結婚に向け、詰めの調整が進む見通し。

ポイントは、「異例ずくめのご結婚、過去の儀式に見る家族の絆」。

27日、小室圭さんがおよそ3年2カ月ぶりに帰国した。

神奈川県の自宅に入った小室さんは、14日間の隔離を経て、およそ3年2カ月ぶりに眞子さまと再会することになる。

そして、10月の下旬にも婚姻届を提出して、眞子さまとそろっての会見というのも調整されているが、今回、儀式も結婚式も行わない異例の形となる見通し。

では、そもそも女性皇族は、これまでどのような儀式や結婚式をされていたのかを見ていく。

女性皇族が結婚される際には、主に5つの儀式がある。

まず1つ目が、一般の結納に当たる納采の儀。

守谷絢子さんの映像。
亡き父高円宮さまの大きな肖像画があるが、守谷家の使者からドレスの生地やタイなど納采の品物を受け取り、この儀式で婚約が整った。

続いて、2つ目が告期の儀。
これは男性側の使者が結婚の日取りを伝えるという儀式。

3つ目は、賢所皇霊殿神殿に謁するの儀。
これは、装束姿で皇室の先祖や神々に締めのお参りをするという儀式。

4つ目が、両陛下にお礼とお別れのあいさつをする朝見の儀。

そして、5つ目が結婚式当日の朝、男性側の使者が宮邸に迎えに来る入第の儀と続く。

ここで、4つ目の朝見の儀について、天皇陛下の妹の黒田清子さんの際の映像を見てみる。

宮殿の中で最も格式の高い松の間で行われ、天皇・皇后と内親王として向き合われているが親子でもある。

その厳粛さの中に重い責務を負いながら、深い愛情を注いでくださったご両親への感謝と、1番身近な家族として理解者として支え続けた娘へのいとしさ、幸せを願う思いというのがとてもにじみ出て、すごく心に残るやり取りだった。

眞子さまの場合も、もしこうした儀式があれば、おじおばに当たる天皇・皇后両陛下にお礼とお別れのあいさつをして、両陛下からはなむけの言葉が贈られたはず。

皇族としての締めくくりの儀式が拝見できなかったことは、残念にも思う。

ここまで見てきたのが、あくまで結婚までの儀式。

では、結婚式と披露宴というのは、どのように行われるかというと、女性皇族の場合は、そこは儀式ではなくて、あくまで両家の主催によるプライベートな行事という扱いになる。

例えば、黒田清子さんの時は、帝国ホテルの一室で神式の結婚式が行われ、そのあと記者会見と披露宴が行われた。

上皇ご夫妻は、結婚式と披露宴両方に出席して、愛娘の門出を見守られた。

天皇・皇后が女性皇族の披露宴に出席するのは、これが初めてのことで、清子さんは華やかなドレスではなくて、清子さんたっての希望で、母・美智子さまの愛用された和服だった。

上皇ご夫妻のうれしそうな、でも一抹の寂しさもにじむような表情がとても印象深かった。

厳かな中にも親子の愛情や絆が深く感じられた。

眞子さまも婚約内定当初は、同じく帝国ホテルでの結婚式披露宴が予定されていたが、今回は結婚式・披露宴ともに行われない見通しとなっている。

(儀式も結婚披露宴も全て行われない見通しのご結婚だが、眞子さまが両陛下にごあいさつされる予定はどうなっているのか?)

まだそれは決まっていないが、両陛下が私的な形で眞子さまからあいさつをお受けになる可能性はある。

陛下は、幼いころから眞子さまの成長を見守ってこられて、2021年の記者会見では、秋篠宮さまの思いを尊重されながら、眞子さまの幸せを願われて、「眞子内親王がご両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し、喜んでくれる状況になることを願っております」と言葉にされた。

もし、秋篠宮家から申し出があれば、おじおばとして、めいである眞子さまから、お住まいの御所でプライベートの形でお会いになって、幸せを願う思いを直接お伝えになるのではないかと思われる。

多くの人が喜ぶという状況に至っていない中で、儀式も結婚式も行わない形での結婚には、おそらく秋篠宮さまも複雑な思いを抱かれているのには、想像に難くない。

秋篠宮さまは、かつて娘の結婚について、「娘ですので近くにいてくれたらいい」と会見で明かされたことがあるが、眞子さまは結婚後、ニューヨークで生活される見通しになっている。

若いお2人にとって、記者会見で経緯を説明するというのは決して簡単なことではないと思うが、やはり会見が開かれれば、眞子さまから、父・秋篠宮さまのこれまでの言葉をどのように受け止められていたのか、お聞きしたいという思いもある。

(FNNプライムオンライン9月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース