「あかりは輝きを増している」 退任目前の菅首相が会見

政治・外交


菅首相は28日夜、会見を開き、宣言など解除後の「感染対策と日常生活の両立」を訴えるとともに、退任を前にした思いを述べた。

菅首相「(感染収束への)あかりは日々、輝きを増している。協力いただいた全ての皆さまに、あらためて心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました」

菅首相は、「コロナとの戦いは新たな段階を迎える」として、「ウイルスの存在を前提とし、感染対策と日常生活を両立していくことが重要」と強調した。

一方、退任を目前に、首相としての1年余りを総括した。

菅首相「ただひたすら走り続けた日々でありました。全てをやり尽くすには短い期間でありましたが、長年の課題に挑み、さまざまな改革に道筋をつけることができました」

さらに次の首相に向け、「政治は最終判断を首相がすべきだと思うので、そうした権限を行使し、いろいろな条件に耐えられることが必要だ」と述べた。

(FNNプライムオンライン9月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース