台風16号 10月1日に関東に最接近 伊豆諸島南部など警戒

社会 気象・災害


「大型で非常に強い」台風16号は、10月1日に関東に近づく見込みで、特に伊豆諸島南部では、災害レベルの雨や風に警戒が必要。

現在、強風域に入っている沖縄・南大東村では、すでに高い波が打ちつけていて、この時間、波浪警報も出ている。

大型で非常に強い勢力の台風16号は、10月1日には勢力があまり衰えないまま、伊豆諸島に接近する予想。

各地の暴風域に入る確率を見てみると、伊豆諸島南部が70%以上と高く、関東や伊豆諸島北部が30%から70%となっている。

伊豆諸島では10月1日、災害レベルの大雨や暴風となるおそれがあるほか、関東でも雨や風が強まる見込み。

また、台風の中心から離れた東北の太平洋側でも、荒れた天気になる可能性がある

今後の情報に注意が必要。

(FNNプライムオンライン9月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース