ファイザー コロナ予防の「飲み薬」治験開始 濃厚接触者2660人が対象

国際・海外


アメリカの製薬大手「ファイザー」は、新型コロナウイルスを予防するための「飲み薬」について、大規模な治験を始めたと発表した。

今回の治験では、新型コロナウイルスの感染者と同居している、いわゆる「濃厚接触者」が対象で、ファイザーは最大2,660人に対して、感染や発症に対する予防効果を調べるとしている。

対象者には、開発中のコロナウイルス増殖を防ぐ薬のほか、エイズの治療薬も投与され、有効性や安全性を確認するという。

「飲み薬」は自宅でも使いやすいため、実用化されれば、医療機関の負担が軽減されることも期待される。

(FNNプライムオンライン9月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース