英でガソリン不足深刻化 コロナ影響など運転手足りず…買いだめに走る市民も

国際・海外


イギリスでは、トラック運転手の不足に端を発したガソリン不足が深刻化し、軍による応援も準備されていることが明らかになった。

イギリス石油大手の「BP」が23日、「輸送トラックの運転手が不足しているため、一部のガソリンスタンドを閉鎖する」と発表したことで、市民がガソリンの買いだめに走った。

27日の時点で、3分の2のガソリンスタンドで在庫が底をついたとのこと。

ロンドン市内のガソリンスタンドでは、ガソリンは売られておらず、閑散としている。
価格を示す掲示板からも灯が消えていた。

タクシー運転手は「みんながパニック買いをしている。当分終わりそうにない」、「開いているスタンドを探すのが大変。ほとんど開いていない」などと話した。

政府は、輸送支援に軍の投入を検討する一方、ガソリンは十分に確保できているとして、市民に落ち着くよう呼びかけている。

EU離脱や新型コロナウイルスの問題を受けて、ヨーロッパ各国から来ていた労働者が自分の国に帰ったため、イギリスでは、運転手に限らず、労働力不足が大きな問題となっている。

(FNNプライムオンライン9月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース