台風16号 10月1日に関東に最接近 大型・非常に強い 広い暴風域

社会 気象・災害


大型で非常に強い台風16号が、10月1日にも、関東に接近する見込み。

関東に上陸する可能性は低くなったが、30日の夜から雨や風が強まる見込みで、警戒が必要。

押し寄せる波が港の湖岸に当たって、大きな水しぶきが上がった。

大型で非常に強い台風16号の強風域に入っている、午前8時すぎの沖縄・南大東島の様子。

気象衛星ひまわりの映像を見ると、台風の目がくっきり。
渦を巻く雲が重なり合い、その大きさがうかがえる。

10月1日には、非常に強い勢力のまま、伊豆諸島に接近する予想。

10月1日午後3時の中心付近の予想最大瞬間風速は60メートル。

その伊豆諸島の1つ、八丈島の午前11時ごろの様子。
大きな波が次々と岸壁にぶつかり、水しぶきを上げていた。

影響は、すでにスーパーの品ぞろえに及んでいた。

撮影者「ペットボトルもあまりない。冷凍食品も結構空っぽになってきた。乳製品は、まったくない」

また、別のスーパーでは、食料品以外にも電池など、停電に備えた商品が品薄になっていた。

客「日用品も、なくなっているものが多いので、怖いです」

台風16号が関東に上陸する可能性は低くなったものの、暴風域に入る確率は、千葉県など赤のエリアで、30%から70%。

その猛威に備える現場を取材した。

千葉・いすみ市の漁港。
船は台風に備えるため、ロープでしっかりとつながれていた。

2年前の台風15号によって、甚大な被害が出た房総半島。

鋸南町では、およそ7割の住宅に、屋根瓦が飛ぶなどの大きな被害が出た。

その鋸南町を29日に取材すると、あちらこちらで目についたものがあった。

屋根の瓦をテープで押さえるなど、暴風から家を守るための備え。

関東では、30日の夜から10月1日の通勤・通学時間帯や日中にかけ、雨や風が強まる見込み。

沿岸部では、交通機関に影響が出る可能性があり、警戒が必要。

(FNNプライムオンライン9月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース