溶岩にのみ込まれ…一気に崩れ去る教会 真っ赤なマグマが…噴火の猛威続く カナリア諸島

国際・海外


白い煙に包まれ、そびえ立つ町の教会。

しかし次の瞬間、一気に崩れ去った。
溶岩にのみ込まれてしまった。

50年ぶりの噴火から10日がたった、スペイン領・カナリア諸島のラパルマ島。

被害は、どれほど広がっているのか。

これは、噴火した場所の衛星画像。
黒く固まった溶岩に、真っ赤な線が流れている。

海外のメディアによると、これまでにおよそ600棟の建物がのみ込まれ、6,000人以上が避難しているという。

この噴火による死者や重傷者は報告されていない。

海外のメディアは、日本時間の朝方、海まで到達したと伝えている。

(FNNプライムオンライン9月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース