党人事「中堅若手の登用必要だ」「あす1日かかる」 自民・岸田新総裁

政治・外交


自民党の岸田文雄新総裁が、29日午後に記者会見し、総裁選挙で戦ったほかの3人の候補について、「一緒に政策論争する中で、素晴らしさを実感した」と述べ、人事で処遇する考えを明らかにした。

岸田新総裁「3人の総裁候補の皆さんは、一緒に政策論争する中で、素晴らしさを実感した。ぜひ党内で、その能力を発揮していただけるようなことを考えている」

岸田新総裁は、自民党の役員人事について、「できるだけ急ぎたい。あす1日はかかるのではないか」と述べたうえで、「老・壮・青のバランス、中堅若手の登用が必要だ」との考えを示した。

また、衆院選の勝敗ラインについては、「与党で過半数」と述べるとともに、衆議院を解散する時期については、「政治状況を見極めたうえで判断する」と語った。

(FNNプライムオンライン9月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 自民党