北朝鮮新型ミサイル 「マッハ3」に達する

国際・海外


北朝鮮の労働新聞は29日朝、新型の極超音速ミサイル「火星8」型の試験発射が、28日に行われたと報じた。

記事は、試験発射で操縦性や安定性が検証され、「設計要求を満たした」としている。

極超音速ミサイルは、金正恩(キム・ジョンウン)総書記が早期導入を表明していた。

韓国軍関係者は、「極超音速ミサイルはマッハ5以上のミサイルを指すが、今回のミサイルはマッハ3前後だった」と話していて、韓国軍は「開発初期段階であり、実戦配備までは相当時間がかかる。迎撃は可能だ」と評価している。

(FNNプライムオンライン9月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース