トヨタ販売店 不正車検 12店舗に拡大と発表

経済・ビジネス


不正車検の店舗数が拡大した。

トヨタ自動車は、系列の販売会社、11社12店舗で、不正車検があったと発表した。

2021年7月、「レクサス高輪」で不正車検が確認されたことなどを受け、全国の販売店を総点検した結果、11社12店舗で、一部検査の未実施や、検査結果の改ざんなどがあったという。

対象台数は1,345台にのぼり、業務量が過大だったことや、エンジニアの人員不足、車検制度への認識の甘さなどが要因だったとしている。

(FNNプライムオンライン9月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース