「自民党は変われないことを示した」野党各党の反応 岸田新総裁誕生

政治・外交


自民党・岸田新総裁誕生に対する野党各党の反応は以下。

立憲民主党・枝野幸男代表:
「自民党は変わらない、自民党は変われないということを示した新総裁の選出だったと思っている。まずは安倍・菅政権の何を否定するのか、特に国民生活を疲弊させ、結果的に株価だけで、経済を低迷させてきたアベノミクスを否定するのか、それとも肯定するのか、明確に示すことが必要だ」

共産党・志位和夫委員長:
「自民党が安倍・菅直系政治を選んだということだ。岸田氏は、安保法制の強行の際には、外務大臣として立憲主義の破壊に重大な責任を負っている。コロナ対応の失政に対する反省も述べなかった。党の表紙だけ変えても中身は変わらない。行き詰まった自公政治を終わらせる政権交代こそ、いま求められている」

日本維新の会・馬場伸幸幹事長:
「自民党らしいな、ということが、いの一番に浮かんだ。国民が感じている政治に対する要求と永田町で考えられていることが大きく乖離している。岸田氏は、そのことを理解した上で、改革マインドを持って、国民の期待に応えるような政治を行ってほしい。『健康危機管理庁』について、よくこれから議論していきたい」

国民民主党・玉木雄一郎代表:
「非常に安倍元首相の影響が強く表れた選挙だった。岸田氏が掲げた『政治の信頼の回復』が、安倍氏の影響下でどれだけ実現できるか、厳しく見定めていきたい。岸田氏は外相や政調会長も歴任し安定感がある。政策的な重なりがあるのも認めざるを得ない。その中でも対立軸をしっかり作り、選挙に向き合っていく」

社民党・福島みずほ党首:
「変わらない自民党の象徴としての『変わらん総裁』だ。森友、加計、桜を見る会などに関する疑惑について、安倍元首相が説明をすべきだと言っていたが、すぐ撤回をしてしまい、何か言われると持論を引っ込めるのは『ふらつく総裁』だ。広島1区選出なら、核兵器禁止条約も批准すべき、と言ったらどうか」

(FNNプライムオンライン9月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 自民党