米アマゾン 家庭用ロボットを発表 11万円で限定販売

国際・海外


家の中を動き回り、留守宅の見守りもする家庭用ロボットを、アメリカのアマゾンが発表した。

アメリカのアマゾン・ドット・コムが28日に発表したのは、家庭用小型ロボット「Astro」。

ディスプレー型の「顔」にさまざまな表情を見せる「Astro」は、音声アシスタントの「Alexa」を搭載。

AI(人工知能)によって障害物を避けて動くことができ、伸び縮みするカメラで留守中の家の様子を確認して、異変があれば通知を送ることができる。

数量限定のため、当初はアメリカ国内で招待制で販売し、価格は日本円でおよそ11万円。

アマゾンは「5年から10年後には一家に最低1台のロボットが導入され、日常生活の中核を担うようになるだろう」と説明している。

(FNNプライムオンライン9月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース