東海道・山陽新幹線の「のぞみ」 7号車をビジネス客車両に


東海道・山陽新幹線の「のぞみ」で、10月からビジネス利用者向けのサービスが始まる。

東海道・山陽新幹線では、10月1日から「のぞみ」の7号車をパソコンや携帯電話を使って仕事をしたいビジネス利用者向けの車両にする。

一部の車両では、パソコンを使うためのついたてや小型のマウスなどを借りることができる。

また、周りの乗客に配慮すれば、座席で携帯電話やオンラインミーティングが可能。

7号車の席を予約すれば、追加料金はかからないという。

また、東京駅に設置されている半個室タイプのビジネスコーナーは、10月から名古屋駅と新大阪駅にも設置される。

(FNNプライムオンライン9月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース