東京城東病院がコロナ専用へ きょうから患者受け入れ開始

社会


国からの病床確保の要請を受け、東京・江東区の東京城東病院は、30日からコロナ専用病院として運用を開始する。

「地域医療機能推進機構」は、国が感染症法に基づく病床確保の協力を要請したことを受け、東京城東病院をコロナ患者の専用病院として整備し、30日から患者の受け入れが始まる。

この病院では、50床の病床を確保し、都内の大学病院などから医師や看護師の派遣を受けて、軽症から中等症の患者を受け入れるという。

東京城東病院の中馬敦院長は、「第6波に向けてしっかり対応できるように準備したい」と話している。

(FNNプライムオンライン9月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース