「大型で非常に強い」台風16号 あす午前 伊豆諸島に最接近 関東地方でも暴風予想

社会 気象・災害


大型で非常に強い台風16号は、10月1日に伊豆諸島に接近し、大荒れの天気となる見込み。

午前11時30分すぎの東京・八丈島の東に位置する港は、うねりをともなった大きい波が、岸壁に絶え間なく打ちつけている。

台風16号は、現在、伊豆諸島に向けて北上していて、強風域が八丈島に近づいている。

雨は、午前中からぽつぽつ降っている状況だが、風は次第に強くなってきて、午前10時前には最大瞬間風速16メートルを観測した。

近くの漁港では、すでに漁船が陸に引き上げられるなど、台風への準備が進められていて、住民は、家の窓ガラスを補強するなどしている。

八丈島では波浪警報が出されていて、今後、暴風域に入るため、厳重な警戒が必要。

台風16号、今後の進路。

次第の速度を上げながら北東へ進み、10月1日の午前中、伊豆諸島南部に最も接近する見込み。

1日は、関東でも雨や風が強まる見込み。

予想される最大瞬間風速は、伊豆諸島で50メートル、関東地方でも35メートルの暴風が吹くとみられる。

また、1日午前6時までに予想される24時間雨量は、伊豆諸島で200mm、関東地方で80mm、さらに2日午前6時までに関東地方で100~150mmの大雨となる見込み。

今後の情報に注意が必要。

(FNNプライムオンライン9月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース