「メディカゴ」植物由来ワクチン 国内臨床試験へ 田辺三菱製薬 来年3月承認申請目指す

経済・ビジネス


田辺三菱製薬は、世界初となる植物由来の新型コロナウイルスワクチンについて、10月から国内での臨床試験を始める方針を固めた。

田辺三菱製薬は、カナダにある子会社「メディカゴ」が開発中の世界初となる植物由来の新型コロナワクチンについて、10月から国内で臨床試験を始める予定で、早ければ2022年3月の承認申請を目指している。

メディカゴは現在、アメリカやカナダなど6カ国で最終段階の臨床試験を実施していて、これまでに接種者からは、重い副反応は確認されていない。

新型コロナから回復した人と比較すると、10倍以上の抗体が確認されているという。

このワクチンは、2度~8度の冷蔵保存が可能で、輸送・保管などのコストを抑えることも期待できる。

一方、塩野義製薬は、すでに最終段階の臨床試験を開始している飲み薬タイプの治療薬について、国内での実用化に向けた承認申請を年内に行うことを目標に準備を進めている。

(FNNプライムオンライン9月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース