「東京ゲームショウ」開幕 2021年は「会場」も復活 VRコーナー・分身キャラクターで見回り

経済・ビジネス


ゲーム業界が最新の技術を競う「東京ゲームショウ」が始まった。

オンラインのみで開かれた2020年と打って変わり、2021年は、会場での開催も復活した。

コロナ禍の中、現実世界に近い感覚を仮想空間で楽しめる、VRのコーナーが初めて設けられている。

分身となるキャラクターで会場内を見て回り、ほかの参加者とやりとりできる。

また、今後の海外市場の広がりを見据え、多言語に対応し、パソコンなどで気軽に楽しめるコンテンツに、各社、力を入れている。

感染収束後の市場開拓に向けた動きが、加速するとみられる。

(FNNプライムオンライン9月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース