「大型で非常に強い」台風16号 あす関東最接近 暴風域に入る恐れ 八丈島では避難

社会 気象・災害


大型で非常に強い台風16号は、30日午後4時50分現在、伊豆諸島に接近中で、10月1日、関東地方の一部が暴風域に入るおそれがある。

東京・八丈島から、フジテレビ社会部・山口祥輝記者が中継でお伝えする。

八丈島の東側に位置する港では、現在、雨は降ったりやんだりを繰り返している状態だが、風が次第に、どんどんと強くなっているのを感じる。

海は大しけとなっており、フェリーの船着き場にも波が絶え間なく打ち寄せている。

30日午後には、地元住民が、家のガラスが風で割れないように木の板を打ちつけていた。

また、避難所も午後4時から6カ所開設されていて、すでに50人近くが避難しているという。

八丈島では、10月1日午前中に暴風域に入る見込みで、今後も厳重な警戒が必要。

(FNNプライムオンライン9月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース