台風16号 あす関東に最接近 伊豆諸島“災害級大雨”警戒

社会 気象・災害


大型で非常に強い勢力で北上する台風16号。

台風が接近している伊豆諸島の八丈島では、巨大な白波が岸壁に打ちつけ、堤防を越えて、大きくうねりを上げている。

30日午後の東京・八丈島の様子を映した情報カメラの映像。
台風の接近にともない、画面全体に霧がかかったように視界が悪くなっていく様子が見てとれる。

午後になり、雨脚が強まってきた八丈島。

最も接近する10月1日の明け方に向けて、対策を急ぐ人の姿があった。

島の民宿では、玄関のガラスが割れないよう、木が打ちつけられていた。

伊豆諸島では、災害レベルの大雨や暴風が心配されている。

民宿 田代荘・田代典夫さん「いつもよりおっかないですよ。普通の台風と桁が違う。心配しています」

八丈町には、30日午後4時ごろ、避難所が設けられ、50人が避難している。

避難する人「今回は、もう大きいから。家は戸締まりしてきたけど、それでも怖い」

台風16号は、1日の明け方に、伊豆諸島南部に最も接近する見込みで、強いところでは、最大瞬間風速が50メートルの猛烈な風が吹くおそれがある。

1日の日中には、関東の沿岸部も暴風域に入る可能性があり、暴風や高波に警戒が必要。

そして都心も1日の通勤・通学の時間帯は、横殴りの雨になるとみられ、注意が必要。

(FNNプライムオンライン9月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース