ブラジルで新種の恐竜化石 約7000万年前に生存?

国際・海外


ブラジルで、新種の恐竜の化石が発見された。

およそ7000万年前に生きたとされる、新種の肉食恐竜。

これまで発掘された化石をもとに、新しい恐竜の姿が再現された。

この新しい恐竜は、ブラジルの研究チームが発見したもので、2002年に最初の化石を発掘して以降、骨盤や3つの脊椎のほか、多数の骨が見つかっているという。

(FNNプライムオンライン9月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース