自民・新 党4役固まる 官房長官に松野博一氏 財務相は鈴木俊一氏

政治・外交


自民党の岸田新総裁は、党の役員人事を固め、内閣の要となる官房長官に、松野博一元文科相を起用する方針を固めた。

自民党・岸田新総裁「(人事について一言?)作業中です」

自民党の役員人事では、幹事長に麻生派の甘利明税調会長。

総務会長に、細田派で、総裁選で党改革を訴えた、当選3回の福田達夫氏。

政調会長に、総裁選で戦った高市前総務相。

選挙対策委員長には、遠藤利明元オリンピック担当相。

また、副総裁には、麻生太郎副総理兼財務相がそれぞれ起用されることになった。

自民党の役員人事は、1日に正式に発表される。

さらに、閣僚人事では、官房長官に細田派幹部の松野博一元文科相を起用する方針を固めた。

また、麻生財務相の後任には、同じ麻生派の鈴木俊一元オリンピック担当相を起用する方向で調整に入ったことがわかった。

一方、立憲民主党の枝野代表と共産党の志位委員長が会談し、総選挙で政権交代した場合について、両党は連立を組まないものの、合意した政策を実現する範囲で、共産党は閣外から協力することで一致した。

志位氏は、「党の99年の歴史の中で、こうした合意を得て総選挙を戦うのは初めてのこと」と評価した。

(FNNプライムオンライン9月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 政府・内閣 自民党