岸田新総裁に企業のトップらどんな期待を コロナ・経済・DX

経済・ビジネス


岸田新総裁に企業のトップからは、コロナ禍からの経済再生に向けた期待の声などが上がった。

30日から2日間の日程で開かれた、経団連の夏季フォーラムには、大企業のトップらおよそ40人が参加し、日本経済の課題について話し合った。

コロナ禍で打撃を受けた航空業界からは、岸田新総裁に対して、コロナ対策と経済活動の両立を求める声が聞かれた。

ANAホールディングス・片野坂真哉社長「新しいリーダーに求めたいのはコロナの抑制。コロナの制圧することと経済再生を同時に実現することだが、さらに求めたいのはスピード」

また、金融界からは、経済再開の状況について前向きな見方が示された。

大和証券グループ本社・日比野隆司会長「政権がすごく安定している中、成長戦略を打ち出しやすいと。かつ現菅政権下でコロナの抑え込み、相当程度進んだということで、非常にいいファクターがそろっているというふうに見ている」

このほか、テクノロジーのさらなる推進を求める意見も聞かれた。

富士通・時田隆仁社長「未来社会を作る、やっぱり今、デジタルトランスフォーメーションが、非常に話題になってますけど、基盤となるのはテクノロジーを創出する、そういった施策にも力を尽くしていただければ幸いと思う」

ユーグレナ・出雲充社長「成長戦略のドライバーは何なのかというときに、岸田さんはずっと『スタートアップ』と言ってくれている。スタートアップが仕事をしやすい具体的な施策を打ち出していただくということを特に楽しみにしています」

(FNNプライムオンライン10月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース