サルコジ元フランス大統領に禁錮1年判決 選挙で不正会計の罪

国際・海外


フランスの裁判所は、サルコジ元大統領が不正な会計処理をしたとして、禁錮1年の実刑判決を言い渡した。

元大統領のサルコジ被告は、2012年の大統領選挙の際、選挙活動費の過剰な支出を隠すため、イベント会社に架空請求書を作らせるなど、不正な会計処理をした罪に問われている。

地元メディアによると、サルコジ被告は無罪を主張していたが、フランスの裁判所は30日、「大統領経験者にもかかわらず、故意に確認を怠った」などとして、求刑より重い禁錮1年を言い渡した。

サルコジ被告は控訴する見通し。

(FNNプライムオンライン10月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース