台風16号 伊豆諸島に最接近 八丈島では約170人避難

社会 気象・災害


大型で非常に強い台風16号は、伊豆諸島に接近していて、1日昼から夕方にかけ、関東でも暴風や大雨のおそれがある。

暴風域に入った八丈島から、フジテレビ社会部・山口祥輝記者が中継でお伝えする。

午前6時現在、強い風が吹いていて木々も大きく揺れている。

海は波が押し寄せ、雨も時間とともに強まり、横殴りの雨となっている。

八丈島では全域に、大雨警戒レベル3の高齢者等避難の情報が出されていて、7カ所の避難所に170人ほどが避難している。

避難者「今回は大きいから戸締まりしてきたけど、それでも怖い」

これまでのところ、台風による被害は確認されていないが、伊豆諸島では、最大瞬間風速50メートルの電柱が倒れるほどの猛烈な風が予想されている。

台風が近づくにつれ、雨風がさらに強まるため、厳重な警戒が必要。

(FNNプライムオンライン10月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース