典型的な“風台風” 台風16号 影響いつまで?

社会 気象・災害


大型で非常に強い台風16号は、関東に強風と大雨をもたらしながら北上している。

台風16号について、樋口康弘気象予報士に聞く。

今回の台風16号は、典型的な「風台風」で、中心が離れたあとも暴風に警戒が必要。

このあとの雨や風の予想を見ると、関東は、雨のピークがあと数時間で、夜になると、台風本体の雨雲は東の海上へと離れていく。

ただ、午後8時の雨の予想に、風の予想を重ねると、関東や東海、東北でも、太平洋側では、北風が吹き荒れるとみられる。

最大瞬間風速でも、伊豆諸島では50メートル、関東でも千葉県では、40メートルが予想されている。

瞬間風速で40メートルを超えると倒木や電柱の倒壊、50メートルを超えると木造の住宅が倒壊するほどの暴風。

午前11時現在の台風の状況を確認すると、非常に強い勢力で、「大型」。

風速15メートル以上の強風の範囲が、直径でおよそ1,200km。

中心から離れていても、また中心が離れていっても、強風の影響が長引くおそれがある。

特に警戒する時間帯について、雨のピークは、夕方までとなるとみられる。

しかし、東北や関東では、1日夜遅くまで暴風が続くとみられる。

雨が上がっても、暴風に警戒が必要。

(FNNプライムオンライン10月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース