日本ハム 斎藤佑樹投手が現役引退 “ハンカチ王子”で話題に


プロ野球、北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手(33)が、1日午前に現役引退を発表した。

斎藤投手は2011年、ドラフト1位で、早稲田大学から日本ハムに入団。

1年目は19試合に登板し、6勝6敗の成績を残したが、その後は右肩、右肘の故障に悩まされ、ここ2年は1軍登板がなかった。

高校時代には、2006年夏の甲子園で優勝。
「ハンカチ王子」として話題となった。

斉藤投手は、球団を通じて、「ご期待に沿うような成績を残すことができませんでしたが、最後まで応援してくださったファンの方々、本当にありがとうございました」とコメントを発表している。

(FNNプライムオンライン10月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース