台風16号 大荒れの千葉は... 広い範囲で暴風域 千葉・銚子市から中継

社会 気象・災害


大型で非常に強い台風16号は、関東に最接近していて、千葉県では、河川が氾濫し、住宅が浸水している。

千葉・銚子市の犬吠埼から、フジテレビ社会部・小河内澪記者が中継でお伝えする。

雨風ともに時間を追うごとに強くなり、正午ごろから一気に強まった。

雨は横殴りで、顔に当たると痛く、目を開けているのが難しい状況。
風も強い。

木々が左右に揺れていて、時折、体が持っていかれるような強さの風。

そして海を見ると、大きくうねっていて、波が激しく岩場に打ちつけている様子が確認できる。

1日午後3時2分には、最大瞬間風速37メートルを観測した。

また、銚子市のある千葉県北東部では、2日の昼までに120mmの最大雨量が予想されている。

引き続き、警戒が必要となる。

(FNNプライムオンライン10月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース