中国 大型連休で“6億人”移動へ 海外旅行は制限

国際・海外


延べ6億人が移動する、中国の大型連休がスタートした。

国慶節の初日となった1日、北京首都空港には、非常に多くの観光客が訪れていて、空港全体が活気にあふれている。

旅行客「青島市に行きます。コロナは不安ですが、国内では感染対策できています」

ゼロコロナの方針を続ける中国では、2020年に続き、2021年も海外旅行が制限され、連休中の移動は国内がほとんどで、旅行会社などによると、この連休中に移動するのは、延べ6億人と見込まれている。

5月の連休の時は、柵の中に行列ができていたが、今回はそこまでには至っていない。

一方で、依然として多い日で、1日に10人程度の国内感染者が出ていることや、デルタ株への警戒感などから、2020年に比べても、人出は多くないとみられている。

中国政府は、引き続き、厳格な健康チェックを続け、感染防止に神経をとがらせている。

(FNNプライムオンライン10月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース