北朝鮮 米韓ゆさぶり 9月30日に「新型対空ミサイル」試験発射

国際・海外


北朝鮮の労働新聞は1日朝、新たに開発した対空ミサイルの試験発射が、9月30日に行われたと報じた。

試射では、「新たな操縦技術などの導入で、誘導の正確性や目標を打撃する距離を大幅に伸ばしたことを検証した」としている。

北朝鮮は9月中旬以降、新型ミサイルの試射を相次ぎ公表していて、金正恩(キム・ジョンウン)総書記は9月29日、演説で「著しく速いスピードで開発されている」と述べていた。

(FNNプライムオンライン10月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース