眞子さま 26日に結婚 小室圭さんと会見へ 「複雑性PTSD」と診断


宮内庁は、秋篠宮家の長女・眞子さまが、10月26日に結婚し、記者会見をされると正式に発表した。

眞子さまは、10月26日に婚姻届を提出したあと、小室圭さんとともに記者会見をされる予定で、宮内庁は、「眞子さまが2人で会見することを望まれている」と説明した。

結婚にともなう一連の儀式や結婚式などは、秋篠宮さまが「多くの人が納得し、喜んでいる状況ではない」と判断されたことから行われず、眞子さまは、皇室を離れる際に支給される「一時金」の受け取りも辞退されることが決まった。

眞子さまには一時金を受け取ることで、結婚後も批判や中傷が続くことへの精神的な負担があり、宮内庁は、辞退の意向が明らかな場合は支出の義務はないと判断した。

結婚にあたる儀式が行われず、一時金も支給されないのは、戦後の皇室では初めて。

一方、眞子さまは結婚をめぐり、ご自身とご家族、小室さんとその家族に対する「誹謗(ひぼう)中傷と感じられる出来事」が続き、「複雑性PTSDの状態」と診断されたことも明らかになった。

診断にあたった医師は、判断力に影響はなく、結婚の準備に支障はないとの見解を示している。

眞子さまは、おひとりで私的に両陛下や上皇ご夫妻を訪ね、お別れのあいさつをされる予定で、両陛下は、眞子さまが幸せな人生を歩んでいかれることを願われているという。

(FNNプライムオンライン10月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース