空港の保税エリアで初のアートオークション 外国へ送られる場合 納税不要に

社会


国内初となる、空港の保税蔵置場を活用したアートオークションが開かれた。

世界的な芸術家・草間彌生さんや奈良美智さんなどのアート作品が並べられているのは、羽田空港の保税蔵置場。

保税蔵置場は、外国の貨物を一時的に保管・展示している場所で、オークションが開かれるのは、日本で初めて。

オークションで落札された作品は、国内に引き取られる場合、消費税がかかるが、外国へ送られる場合は、税金の納付が不要になる。

1日のオークションには、中には2億円を超える高値で落札されるものもあった。

(FNNプライムオンライン10月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース