2階建て新幹線「E4系」がラストラン ファンが別れ惜しむ


「Max」の愛称で親しまれた、2階建ての新幹線「E4系」がラストランを迎えた。

上越新幹線「Maxとき」や「Maxたにがわ」の名称で、国内唯一の2階建て新幹線「E4系」は、1日夜、定期運行でのラストランを迎えた。

1997年にデビューした「E4系」の定員は1,634人で、高速鉄道では世界最大の定員数を誇った。

乗車した人は「けっこう悲しいですけど、最後に乗れて良かった」、「感慨深いというか寂しいような、『ありがとう』という気持ちでいっぱい」などと話した。

東京駅では、多くの鉄道ファンが別れを惜しみ、最後の勇姿を見届けた。

(FNNプライムオンライン10月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース