「安倍内閣リターンズみたい」 国民民主・玉木代表が自民党人事を批判

政治・外交


国民民主党の玉木代表は、自民党の新しい党役員人事について、「政治の信頼が回復できるのか」と疑問を呈した。

国民民主党・玉木代表「党の役員とか、一部漏れ聞こえる閣僚布陣を見ると、安倍内閣リターンズみたいになっている。それを変えるには、選挙で野党側が勝つことによってしか変えることができない」

玉木代表は、長崎市で記者団に対し、「公正で正直な政治を取り戻すのは、われわれしかできない。不信感に満ちあふれた政治を続けるのかどうかが総選挙の最大の争点だ」と訴えた。

(FNNプライムオンライン10月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 自民党