「すべてのダンサー揃って…」英ロイヤル・バレエ団 1年半ぶり公演へ 金子扶生さん踊り披露

国際・海外


日本でも人気のイギリスのロイヤル・バレエ団が、およそ1年半ぶりに本格的な公演を再開する。

英ロイヤル・バレエ団の金子扶生(ふみ)さんは、「すべてのダンサーがそろって、ひとつのバレエを作り上げるということが、本当に久しぶり。ひとときひとときを大切に、リハーサルしている」と話した。

ロイヤル・バレエ団は、5日より「ロミオとジュリエット」を皮切りに、新型コロナウイルスの感染拡大以降、初めて本格的に公演を再開する。

公演前にリハーサルが公開され、2021年5月に最高位のプリンシパルに昇格し、今回ジュリエット役を演じる金子扶生さんが、感情表現豊かな踊りをカメラの前で披露してくれた。

(FNNプライムオンライン10月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース