米コロナ死者 70万人超 感染拡大はピーク超え

国際・海外


アメリカの新型コロナウイルス死者数が、70万人を超えた。

アメリカのジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、アメリカ国内での新型コロナウイルスによる死者数が、70万人を超えた。

アメリカでは、7月ごろから感染力の強いデルタ株が拡大し、新規感染者数が一時、連日18万人を超える状態が続いていたが、9月中旬から感染者数、死者数ともに減少する傾向が見られている。

ただ、死者数は、依然として高水準にとどまっていて、CDC(疾病対策センター)は、ワクチンの接種率を高める必要があるなどとしている。

(FNNプライムオンライン10月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース