「子育て予算を倍増する」立憲・枝野代表 出産費用・学校給食の無償化など


立憲民主党の枝野代表は、当面、子ども・子育て予算を倍増する新たな政策を発表した。

立憲民主党・枝野代表「わが国は、子ども・子育てに関する予算が圧倒的に諸外国と比べて少なすぎる。まずは当面、子ども・子育て予算を倍増する」

枝野代表は具体策として、出産一時金の引き上げと出産費用の無償化、児童手当の所得制限の撤廃と高校卒業年次までの延長、義務教育の学校給食の無償化、中学校の35人以下学級、高校授業料無償化の所得制限の撤廃を示し、「将来的に子ども省の創設を目指す」と述べた。

(FNNプライムオンライン10月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース