組閣人事の最終調整 4日発足“岸田新内閣”の顔ぶれ固まる


4日に発足する岸田新内閣の顔ぶれが固まった。

岸田総裁は、3日夕方、自民党本部に入り、組閣人事の最終調整を行い、顔ぶれを固めた。

官房長官には松野博一氏、財務相に鈴木俊一氏を起用し、茂木敏充外相、岸信夫防衛相の再任が固まった。

萩生田光一文科相は、経済産業相の起用が固まり、国土交通相は、公明党の斉藤鉄夫副代表を起用した。

今回新たに設ける経済安全保障担当相は、二階派で当選3回の小林鷹之氏を初入閣させる方針を固めた。

また、総裁選で争った野田聖子氏は、地方創生・少子化・男女共同参画・こども庁担当の大臣となる。

このほか、総務相に金子恭之氏が起用されたほか、厚生労働相に無派閥の後藤茂之氏、文科相には末松信介参院国対委員長、法相には、古川禎久氏、農水相に金子原二郎氏、環境相に山口壯氏が起用される。

さらに、経済再生相に山際大志郎氏が起用されたほか、国家公安委員長に二之湯智氏、復興相兼沖縄・北方担当相に西銘恒三郎氏、万博担当相に若宮健嗣氏、デジタル・規制改革・行革担当相に牧島かれん氏が起用された。

そして、ワクチン接種担当相には、堀内詔子環境副大臣の起用が固まった。

(FNNプライムオンライン10月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース