岸田新首相 衆院選19日公示31日投開票 立憲・安住氏「がっぷり四つでやる」


岸田新首相は衆議院の解散・総選挙について、10月14日に解散し、19日公示、31日投開票の日程で行う意向を固めた。

複数の自民党幹部によると、岸田新首相は4日に召集された臨時国会の会期末となる14日に衆議院の解散に踏み切り、総選挙は19日公示、31日投開票の日程で行う意向を固めた。

21日の衆議院の任期を念頭に、できるだけ早く選挙を行う必要があると判断したとみられる。

立憲民主党・安住国対委員長「岸田さんらしからぬ奇襲作戦に出てきたのかなと。19日から、与野党をがっぷり四つの論戦を政権交代選挙ですから、やりましょうということを話したい」

岸田新首相は4日夜の記者会見で方針を説明する見通し。

(FNNプライムオンライン10月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース