在任期間「長いに決まってる」 最後の会見も“麻生節”


麻生財務相は、最後の会見も「麻生節」だった。

麻生財務相は会見で、戦後最長の在任期間8年9カ月について問われると、「あんた、朝の9時から5時までずっと質問もないのに、(予算委で)2カ月間座ってられる自信ある? できねぇだろう。長い、長いに決まっている」と述べた。

また、8年前に自身が提起したデジタル課税や、世界共通の最低法人税率について、10月末の最終合意を目前での退任に「最後にきちんとやっていきたいと思います、これはタイミングの問題ですから、巡り合わせだと思っています」と力を込めて語った。

(FNNプライムオンライン10月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース