ワニ vs ドローン 勝負の行方 どれくらいジャンプする?

国際・海外


オーストラリア北部のワニ園。

ドキュメンタリー番組を撮影するためドローンを飛ばしていた時、ハプニングが起きた。

じっと水面に漂うワニに狙いを定めドローンを近づけた瞬間、
ワニが水面から飛び出しドローンをガブリ。

コントロールを失ったドローンは水の中へ沈んでいった。

ここで気になるのは、ワニが見せたジャンプ力。

どのくらいの高さまで跳べるのか、専門家に聞いてみると...

体験型動物園iZoo・白輪剛史園長「太い尾で水をかいて、オールのようにして、その推進力で真上に上がる。体調の半分くらいは飛び上がることはできますね」

ドローンにかみついたのはイリエワニと呼ばれる種類で、全長6メートルを超えることもあるという。

しかし、なぜドローンに飛びかかったのか。

体験型動物園iZoo・白輪園長「(ワニは)空中を飛ぶ鳥を捕まえることが多い。その場合は水面からガバッと鳥めがけてかみつくので、その習性ですね」

ドローンはおよそ2週間後に傷だらけで発見された。

操縦士は、今後の教訓としてオフィスに飾っているという。

(FNNプライムオンライン10月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース