現金授受問題 自民党・甘利幹事長「説明責任は果たした」 野党は国会招致要求へ

政治・外交


岸田新政権に対し、野党は、自民党の甘利幹事長を標的に、「政治とカネ」の問題を追及するため、検証チームを立ち上げたが、甘利氏は会見で、「説明責任は果たした」とあらためて強調した。

立憲民主党・原口副代表「(甘利氏は)国会で説明すると思ったが、いまだに説明がない」

立憲民主党などは5日午前、甘利氏が2016年に閣僚を辞任する原因となった、建設業者からの金銭受け取りを検証する会合を開いた。

説明が不十分として、国会招致を要求する方針。

自民党・甘利幹事長「強制権限を持っているところ以上に、何かわかるのはあり得ない。説明責任を含めて、責務を果たし終えた」

一方、甘利氏は、検察の捜査の結果、不起訴処分となっていることから、「説明責任は果たした」と強調した。

(FNNプライムオンライン10月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 自民党