ルーズソックスの人気再燃 “ギャル世代”の母親も影響?


1990年代に、女子高生の間で爆発的な人気を誇ったルーズソックス。
今、再び、はやっているという。

令和の時代に、本当に若い人たちの間でルーズソックスはやっているのか、インスタグラムをのぞいてみた。

すると、写真が投稿されていた。

「#ルーズソックス」で調べたところ、約2万7,000件もの写真が投稿されていた。
確かに流行している。

制服に合わせていたり、私服にルーズソックス、そして厚底スニーカーという着こなしも見られた。

では、ルーズソックスがはやり始めた、当時の映像を見ていく。

1990年代に、女子高生のアイテムとしてブームになった。
紺のカーディガンやローファーと合わせている。

そこから、いったん下火になったとみられるが、今また、リバイバルという。

その懐かしのルーズソックスをスタジオに用意した。

90年代と今のルーズソックスの違いを比べる。

90年代のルーズソックスは、伸ばすと長さは、およそ150cm。
小柄な女性ぐらいの背丈はある。

今、女性にはやっているのは、30cmから50cm。
当時の3分の1、5分の1くらいになっているという。

当時とまったく一緒というわけではない。

なぜ今、このように、はやっているのか。

実際にルーズソックスをはいている女性たちからは、「インスタでかわいい女の子がはいていました」、それから「お母さんから聞いて、かわいいからやってみようと思った」という声がある。

若者文化にくわしい信州大学特任教授・原田曜平氏によると、今の10代・20代の女性は、お母さんと仲がいい世代という。

例えば、カラオケでお母さんと一緒に当時の歌を歌うこともあるというが、日常的に平成ギャル世代のお母さんの影響を受けているからではないかという分析だった。

原田氏によると、以前は制服と一緒に日常的にはいていたものが、今は、お出かけなどで、コスプレ感覚でルーズソックスはくことが多いという。

(FNNプライムオンライン10月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース