2022年春の「花粉」見通し “非常に多い”地域も

暮らし


2022年の春は、関東から北で、例年よりも花粉の量が多くなるとみられる。

日本気象協会が5日に発表した、2022年春の花粉の飛散予測によると、北海道は、例年の2倍以上の非常に多い花粉の量が予想されていて、東北・関東でも、例年よりも花粉の量が多くなるという。

一方で、東海や近畿・四国では、飛散量は例年よりやや少なく、北陸と九州は例年並みの予想となっている。

2021年に症状が弱かった人も、万全な花粉対策が必要になるとみられる。

(FNNプライムオンライン10月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース