波の中で... 座礁したクジラのレスキュー アルゼンチン

国際・海外


波の中でのレスキュー。

アルゼンチン東部の海で見つかったのは、座礁したクジラ。

地元の環境保護団体やボランティアによって、救出活動が行われた。

クジラを動かそうと大勢で奮闘するが、相手は体長およそ8.5メートル、重さ7トンほどあるザトウクジラ。

重機を使って、沖の方まで誘導することになった。

潮が満ちてくる中、救助開始からおよそ1時間後、クジラは無事、海へと帰っていった。

救助にあたった団体によると、クジラからサンプルを採取していて、今後、座礁の原因などについても分析していくという。

(FNNプライムオンライン10月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース