“水道管”通る橋 一部に腐食 仮設の復旧工事始まる 和歌山市


仮設の配水管を設置する復旧工事が始まった。

和歌山市では、6日午前10時から崩落した水道管の近くにかかる橋に、仮設の配水管を備えつける工事が始まった。

和歌山市では10月3日、紀の川にかかる唯一の水道管が崩落し、北部地域のおよそ6万世帯で断水が続いている。

和歌山市は、24時間体制で工事を行い、9日早朝には、すべての市民に水が届けられるようにしたいとしている。

また調査の結果、水道管が通る橋の一部に腐食があったことがわかった。

和歌山市は、専門家とともに崩落の原因を究明する方針。

(FNNプライムオンライン10月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース