【速報】ノーベル化学賞に米・独研究者2人 有機触媒開発で医薬品などに貢献

国際・海外


日本時間6日午後、2021年のノーベル化学賞が発表された。

2021年は、日本人の受賞はならなかった。

2021年は、非対称有機触媒の開発で貢献したドイツのケルン大学のベンジャミン・リストさんとアメリカ・プリンストン大学のディビッド・マクミランさんの2人の受賞が決まった。

非対称有機触媒の開発で、新しい医薬品から太陽電池の光を取り込むことができる分子まで、あらゆるものをより効率的に構築できるようになったという。

(FNNプライムオンライン10月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース