立憲・枝野代表「教訓ふまえ」 政権交代に意欲示す


立憲民主党の枝野代表は、「10年前の民主党政権の教訓をふまえてしっかりできる」と強調し、政権交代への意欲を示した。

立憲民主党・枝野代表「10年前の民主党政権の足りなかったところの決定的な要因は、経験不足だ。われわれも10年前、期待に応えられなかったのは間違いない。あの時の教訓を生かして、しっかりできますので、ぜひご安心ください」

さらに枝野氏は、政権交代した場合の共産党との「限定的な閣外協力」について、安全保障政策などをめぐる「共産党との違いは政権に持ち込まない」、国民生活などで「協定を結んだ範囲での閣外からの協力だ」と説明した。

(FNNプライムオンライン10月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース