オートバイでも 電動化の流れ進む


オートバイでも電動化の流れが進んでいる。

川崎重工業は、2035年までに、日本やアメリカなど先進国に投入するオートバイの主要機種を、電気だけで走るタイプとハイブリッド車にすると発表した。

2025年までには、10機種以上を投入する予定で、川崎重工業が電動化の目標を打ち出すのは初めてだという。

オートバイの電動化をめぐっては、ヤマハやホンダでも取り組みが進んでいて、オートバイでも自動車と同様に、脱炭素社会に向けた電動化が加速している。

(FNNプライムオンライン10月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース